年収・お給料速報ロゴ

年収・お給料速報

年収やお給料、会社の動向などの2ch情報をまとめたサイトです。

    カテゴリ: 年収

    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/09/14(水) 22:55:35.091 ID:/ABjC7Bd0
    24歳 男
    基本給15万+交通手当1万 計16万
    手取りだと13万5千…

    この糞みたいな社会どうにかならんのか?
    若者は会社勤めとかやめてユーチューバーとかブロガーやった方が良いと思うわ

    都心の事ばっかりで地方なんて放ったらかし。
    最低賃金底上げしろや!!

    【【衝撃】給料安すぎ…】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/09/15(木) 18:13:17.36 ID:mcgOwZoc0
    9 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ bffb-5RJq) [age] :2016/09/15(木) 17:57:59.97 ID:7BElO7zh0
    これ先月の
    出勤時間自体は長くないからこのくらい
    ただし1時間半分くらいサビ残ある(今は無い)
    no title

    【(ヽ´ん`)「これ先月の給料」【画像】】の続きを読む

    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 16:14:05.597 ID:mArT9bqNp
    過去にバイトしてたとこに今ヘルプで時々入ってるんだけど
    お手伝いみたいなもんですから~と言いつつもらってた給料がもらえてない
    ただ店長が忘れてるだけかもしれないが
    何かオブラートに包んだ切り出し方教えてくれ

    【至急!給料もらえてない】の続きを読む

    1: ひろし ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/08(木) 23:41:58.68 ID:CAP_USER9
    趣味というのは自分さえ楽しめればいいものなので、他人がとやかく口を挟むべきではない。ただし「よい趣味」という言葉もあるとおり、
    趣味の中身によってその人の経済的、社会的立場などの傾向が出てしまうことも否定できない。

    転職サイトのキャリアインデックスが、20~59歳の就業中の男女1000人に「あなたはどのようなジャンルの音楽が好きですか?」と
    アンケートを実施したところ、予想通り年収層によって興味深い特徴が表れていたという。

    ■「格差」が最も大きかったのはクラシック音楽


    「好きな音楽」として最も人気を集めたジャンルは「J-POP」で、全体の63.6%(複数回答)が好きと答えた。年収の層別では「500万円未満」が67.8%と最も割合が高いが、
    年収の上昇とともに減っていく。「500~700万円未満」では61.2%、「700万円以上」では54.8%となり、700万円以上と500万円未満の差は13ポイントもある。

    同様の傾向は「アニメソング」にも表れており、500万円未満では15.5%、700万円以上では6.1%。「アイドル」では500万円未満では12.2%を占めるが、
    700万円以上ではわずか4.3%。年収700万円以上の層で最も「好き」の割合が低いのもアイドルだ。高収入の人はAKBやジャニーズは聴かないのだろうか。

    逆に「クラシック」や「ジャズ」は、年収の上昇とともに「好き」の割合が高くなっていく。ジャズは500万円未満では11.5%だが、700万円以上では20.0%。

    クラシックは500万円未満で20.5%だが、700万円以上では36.5%となっている。その差は16.5ポイントでJ-POPを上回り、全ジャンル最大。年収による傾向が最も大きく出る音楽といえる。

    調査元では「人の年収は聞きにくいものですが、代わりに相手に好きな音楽の分野を聞いてみるのも面白いかも知れません」としている。要するに音楽の趣味で、その人の年収をある程度予想できるということだろうか。

    なおこの傾向は、実は転職業界ではよく知られた話だという。ある転職エージェントによると、転職候補先との面談で希望年収を示すと嫌われるリスクが高いが、
    それとなく「お金が掛かりそうな趣味」を持っていることを匂わせると、現在の収入や生活レベルが高いと判断され、交渉が有利になるることもあるそうだ。

    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160908/Careerconnection_5110.html

    【【音楽と年収】高収入層は「アイドル」や「アニソン」を聴かない?】の続きを読む

    このページのトップヘ