年収・お給料速報ロゴ

年収・お給料・仮想通貨速報

年収やお給料、仮想通貨会社の動向などの2ch情報をまとめたサイトです。

    カテゴリ: 年収

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2017/12/30(土) 18:46:15.52 ID:CAP_USER9
    ビートたけしが29日にTBS系で放送された「ニュースキャスター 超豪華!芸能ニュースランキング2017決定版」(後9・00)に出演し、
    「風雲!たけし城」など多数のバラエティー番組に出演していた当時の最高月収が約1億円だったと明かした。

    「たけしに聞きたいこと」を街頭アンケートで調査。その中に収入を問う声があった。

    番組スタッフが尋ねると、たけしは「月収は…1億超してたんじゃないかな。年間十何億円じゃないの」とサラッと答えた。
    スタッフは驚いて沈黙。しばらくして「あ、すいません。驚いて口がきけなくなりました」と答え、たけしは笑った。

    スタッフが「それはリアルな話ですよね」と尋ねた。

    たけしは「うん。俺のところに入ってきたのはね。事務所にはもっと入ってるはずだよ。
    事務所には2億円くらい入ってるんじゃないのかな」と返答。「俺のところに入ってきたって、また違う人がとるから。
    俺のとこにはいいとこ何百万。それはイライラするけどしょうがないよね」と本当に自身の手元に入ってくるのは1億円ではないと述べた。

    何に使ったのかを聞かれ、「一時期は、たけし軍団がいつも一緒にいたから、店に連れて行っておごって、
    帰りのタクシー代を渡したら1日に50万くらい使っちゃう」と話した。

    たけしはまた、テレビ局の予算が今と比べて多かったこともあげ、「すごくあった。2時間スペシャルの予算は1億円あったから。
    それに耐える視聴率もあった。景気も良かった」と話した。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/30/0010859927.shtml

    【【芸能】 ビートたけし 最高月収は1億円、年収10数億www】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/07/04(火) 12:08:48.21 ID:hcGkueXV0
    前科のせいで全然仕事決まらなくて絶望してたら金持ちな女の子と知り合ってしもうてワイの運命が変わりそうなんや
    女の子のオッヤが質屋経営してるんやがオッヤの代で閉めようとしてるらしいんやがワイが継ぎたいンゴ

    【ワイ前科持ち借金ウン百万持ち二留Fラン生、就活を諦め逆玉の輿を考える】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2017/12/29(金) 10:20:29.76 ID:CAP_USER9
    サンフランシスコのベイエリアで暮らしていると、年収が1000万円を超えても貧乏と感じてしまうようだ。

    Twitterの従業員が、匿名を条件にThe Guardianの取材に応じた。
    40代前半、サンフランシスコ在住のこの男性は、年収16万ドル(約1800万円)。だが、かろうじて暮らしていけるレベルだと語った。

    翌月まで「食いつなぐ」ために借金をしたこともある。

    「ソフトウェア・エンジニアになったのに、家計に苦労することになるとは」。
    そう語る男性は、このエリアで家族と暮らしていくためには自分の収入は「かなり低い」と考えている。

    家計のもっとも大きな支出は家賃。毎月3000ドル(約34万円)かかる。
    妻と2人の子ども。場所を考えるとこの家賃でも「ものすごく安い」と彼は言う。

    サンフランシスコのベイエリアは、アメリカでもっとも人気が高いエリア。
    不動産サイト「Trulia」によると、家賃は平均月4200ドル(約48万円)。

    Google、Uber、Airbnb、Twitterなどに勤める中堅以上のエンジニアは、
    給料の40%〜50%を勤務先の近くに住居を借りるために使っているという研究結果もある。

    サンフランシスコの人口のおよそ30%を占めるミレニアル世代が家賃を高騰させている。
    節約のために大勢のルームメイトと一緒に暮らしている者も多く、住宅市場の競争を加速させている。

    同エリアでフルタイムで働く18歳〜34歳の人々の平均収入は、2013年に5万9000ドル(約671万円)だったと米国勢調査局のデータが伝えている。
    https://www.businessinsider.jp/post-1135

    【【話題】 サンフランシスコでは年収1800万円でも 「かろうじて食いつないでいけるレベル」の生活 】の続きを読む

    このページのトップヘ