年収・お給料速報ロゴ

年収・お給料速報

年収やお給料、会社の動向などの2ch情報をまとめたサイトです。

    2017年05月

    1: ジョーカーマン ★@無断転載は禁止 2017/05/19(金) 15:02:12.11 ID:CAP_USER9
    九州朝日放送株式会社(以下KBC)にて放送される番組「野望研究所」が、5月25日(木曜)深夜1時20分から月1回(30分)ペースで放送を開始することを発表した。

    「野望研究所」は、福岡発の「大ヒット商品」を開発すべく、幅広い分野の情報を収集し、さまざまなジャンルのネットワークを作り各団体に働き掛け、あらゆる外部環境を利用して、最終的に出演者の老後の安定を確保しようとするお金に執着した野望あふれる番組。

    番組MCが発案するビジネスアイデア、クリエイターと一緒にアプリ制作、視聴者からのお金儲けのアイデアを実行してみる、など、番組に関わる人達と番組MCが一緒に「野望」=「マネタイズ」達成を目指す。

    出演は、KBC発九州ブロック番組「ドォーモ」でおなじみの庶民派ローカルタレント岡本啓と、広島で活躍中のタレントかつゲームプログラマーの中島尚樹の2名。
    アイドル時代から収入が100倍になったと豪語する「ゆうこす」こと菅本裕子をサテライト研究員に迎えて、あらゆるジャンルの「野望」に対応しする。

    http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_133806/

    「野望研究所」 菅本裕子(中央)
    no title

    元HKT48 「ゆうこす」菅本裕子
    no title

    no title

    no title

    【【アイドル】元HKT48菅本裕子「アイドル時代から年収100倍」新番組で豪語】の続きを読む

    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/05/15(月) 13:38:33.070 ID:WpeWDUwW0
    ほら考えろお前ら
    俺のために脳みそ働かせろ

    【34歳年収300万貯金ゼロ彼女なしなんだけどここからどうやって人並みの幸せ手に入れられるか考えるスレ】の続きを読む

    1: まはる ★ 2017/05/14(日) 07:04:52.12 ID:CAP_USER
    先日、一橋大学のある講師のつぶやきが大きな話題となりました。

    「給料格差ツイート、狙ってやった」 日本捨てる若手学者の危機感

    要約すると「日本の組織における給与の水準や決め方はガラパゴスであり、このままではいずれ深刻な人材難に陥るだろう」ということです。
    筆者もまったく同じ危機感を抱いています。今回は有名大学の文系教授ということで話題となりましたが、理工系の教授や官僚、一般企業の若手幹部候補の間では、同様の人材流出は以前からかなり進んでいますから。

    なぜ、日本の組織の若手には突然2倍以上のオファーが届くのでしょうか。なぜ、日本の組織はそれに対して有効なカウンターオファーを出さないのでしょうか。
    重要なことですけど意外と見落とされがちなこの問題について、いい機会なのでまとめておきましょう。
    日本型雇用の肝は“信頼感”

    日本の一般的なサラリーマンは終身雇用を前提としているので、どうしても単年度あたりの給料は低く抑えられてしまいます。リスクが少ない分、リターンも少ないというわけです。

    くわえて、やはり一般的なサラリーマンは「初任給からスタートして少しずつ昇給する」という年功序列賃金がベースとなっており、2,30代は生産性の割に賃金が抑えられる傾向があります。
    もちろん、40代以降は生産性以上に支払われるので、トータルでみればトントンですが、若い間は安月給の傾向が強いということです。

    その結果、日本の組織で働く2~30代の人材は、終身雇用でも年功序列でもない外資系や新興企業からみると、とても安月給で働かされているように見えるわけです。
    「若手に2倍のオファーがくる」のは、こうした構造的な事情があるためですね。別に日本企業がケチだからというわけではなくて、給料の支払い方がぜんぜん違うからというのが理由です。
    実際、終身雇用と年功序列賃金によって、自動車や鉄鋼、商社といった大企業や官庁は優秀な人材を多く囲い込み、戦後の高度成長を実現させたわけです。

    ただし、“終身雇用”や“年功序列”というのは契約ではなく単なる慣習にすぎません。「絶対に定年まで雇用が保証される」「40歳以降はポストについて昇給もバッチリさせてもらえる」という組織に対する信頼感がないと、優秀層を囲い込むことは不可能です。
    今の日本でそういう信頼感が維持できている組織がどれほどあるでしょうか。

    追い出し部屋があったり、50歳過ぎてもヒラの社員がいっぱいいる会社で「うちにいれば50歳すぎてから人生ウハウハだぞ?」と言っても説得力ゼロでしょう。
    形がい化した“慣習”を惰性で続けるのではなく、メリハリの利いた“契約”を単年度で提供できるような仕組みに移行する以外に、日本の組織が人材獲得で勝ち残ることは難しいでしょう。

    より具体的に言えば「滅私奉公してくれれば将来出世させますよ」といった曖昧なものではなく、どういう仕事に対して現金でいくら支払うかを明文化して契約することです。
    と聞くとプロスポーツ選手のような厳しい世界を連想する人もいるかもしれませんが、逆に明文化された契約であれば、そこに滅私奉公やブラック企業的要素の入り込む余地はありません。日本人の働き方そのものを見直す良い機会となるはずです。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/joshigeyuki/20170512-00070871/

    【【雇用】なぜ日本の組織は優秀な若手の給料を2倍に出来ないのか】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/05/13(土) 21:43:25.60 0
    荒らし行為するのってほとんどガキか底辺だろ

    本当は800万にしようと思ったけどちょっと厳しいかなと思ってやめた

    【2chは年収500万円未満は利用禁止にしたら平和になると思う】の続きを読む

    1: バックドロップ(愛知県)@無断転載は禁止 [US] 2017/05/09(火) 22:08:43.58 ID:McVfxwGw0● BE:544270339-PLT(13000) ポイント特典
     
    “レジェンド級”AV女優・みひろが明かした年収に衝撃! 一方、坂口杏里は「AV不況」で……

     元AV女優でタレントのみひろが、4月30日放送のネットバラエティ番組『今夜、釈明します』(AbemaTV)で、
    AV時代の年収について「渋谷に家が買えるくらい」と明かした。
    さらに、1本あたりのギャラには「何人も乗れるような大きめの車が買えるくらい」とも。

    「恐らく年収は1億~数億円、1本あたりのギャラは500万円以上はあったでしょうね。
    みひろは2005年にAVデビューしたのですが、2社専属で24本という破格の契約を結んだほどの売れっ子でしたから。
    もっともAV女優の出演料は年々下がっていて、現在は単体女優でも1本につき100万円程度。
    しかも、月に1本しか出演できないという契約上の縛りがある女優もいて、その場合、年収は1,200万円ほどにしかならず、
    グラビアやイベント営業による副収入があったとしても、億単位の年収なんて無理ですね」(AVライター)

     AV女優のギャラというと、 

    http://www.cyzo.com/2017/05/post_32646_entry.html

    【“レジェンド級”AV女優・みひろが明かした年収に衝撃! 一方、坂口杏里はwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ