年収・お給料速報ロゴ

年収・お給料・仮想通貨速報

年収やお給料、仮想通貨会社の動向などの2ch情報をまとめたサイトです。

    2016年09月

    1: 海江田三郎 ★ 2016/09/15(木) 21:02:26.36 ID:CAP_USER
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160908-00010001-seijiyama-pol

     政府税制調査会は配偶者控除見直しに向けた議論を9日から再開します。
    11月にも提言をまとめ、来年度税制改正に向けた材料となります。

     政府税調は2014年3月、安倍首相の指示のもとで見直しに向けた議論を開始。
    その後、他の優先課題や政治日程に押されて議論が止まっていました。参院選を乗り切ったことで当面の政権運営が視界良好となり、
    男女共同参画社会や一億総活躍社会に見合った税制のあり方が求められています。

    界良好の政権、賛否渦巻く難題に着手?
     配偶者控除は、専業主婦や年収103万円以下で働く主婦の世帯に対し、1960年代から税負担を軽くしてきました。
    未婚や働く女性から見れば税負担の不平等との不満がある一方で、現在約1500万人に適用されており、
    全廃されれば年収600万円の夫で約7万円の負担増になるとの試算もあります。
    税のあり方は家計に直結するため支持率にも大きな影響を与えます。

     しかし、日本が人口減少社会に転じ労働力不足が深刻になる中で、安倍政権としては
    税制面でも働く女性が損をしない仕組みづくりを目指すことが課題となっています。
    他方、専業主婦のメリットが失われれば、結婚して家族を作ろうとする夫婦が減少し少子化対策にも悪影響となりかねないため、
    年収に関わらず夫婦に控除を適用する「夫婦控除」の案が出ています。

    (以下略)

    【【税制】配偶者控除撤廃なら1500万人に影響 年収600万の夫で7万円の負担増に】の続きを読む

    1: 山川k尚子 2016/09/08(木) 20:44:10.410 ID:UvUWgYUQ0
    世界各国の公務員年収

    日本国 公務員年収724万円 (国民平均年収412万円)
    オーストラリア 公務員年収360万円 (国民平均年収500万円)
    イタリア 公務員年収217万円 (国民平均年収200万円)
    カナダ 公務員年収238万円  (国民平均年収252万円)
    ドイツ連邦共和国 公務員年収194万円 (国民平均年収205万円)
    フランス 公務員年収198万円 (国民平均年収180万円)
    イギリス 公務員年収275万円 (国民平均給与額240万円)
    アメリカ合衆国 公務員年収357万円 (国民平均給与額325万円)

    【公務員の給料が高いから下げろ!!!!!!!!!】の続きを読む

    1: ひろし ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/08(木) 23:41:58.68 ID:CAP_USER9
    趣味というのは自分さえ楽しめればいいものなので、他人がとやかく口を挟むべきではない。ただし「よい趣味」という言葉もあるとおり、
    趣味の中身によってその人の経済的、社会的立場などの傾向が出てしまうことも否定できない。

    転職サイトのキャリアインデックスが、20~59歳の就業中の男女1000人に「あなたはどのようなジャンルの音楽が好きですか?」と
    アンケートを実施したところ、予想通り年収層によって興味深い特徴が表れていたという。

    ■「格差」が最も大きかったのはクラシック音楽


    「好きな音楽」として最も人気を集めたジャンルは「J-POP」で、全体の63.6%(複数回答)が好きと答えた。年収の層別では「500万円未満」が67.8%と最も割合が高いが、
    年収の上昇とともに減っていく。「500~700万円未満」では61.2%、「700万円以上」では54.8%となり、700万円以上と500万円未満の差は13ポイントもある。

    同様の傾向は「アニメソング」にも表れており、500万円未満では15.5%、700万円以上では6.1%。「アイドル」では500万円未満では12.2%を占めるが、
    700万円以上ではわずか4.3%。年収700万円以上の層で最も「好き」の割合が低いのもアイドルだ。高収入の人はAKBやジャニーズは聴かないのだろうか。

    逆に「クラシック」や「ジャズ」は、年収の上昇とともに「好き」の割合が高くなっていく。ジャズは500万円未満では11.5%だが、700万円以上では20.0%。

    クラシックは500万円未満で20.5%だが、700万円以上では36.5%となっている。その差は16.5ポイントでJ-POPを上回り、全ジャンル最大。年収による傾向が最も大きく出る音楽といえる。

    調査元では「人の年収は聞きにくいものですが、代わりに相手に好きな音楽の分野を聞いてみるのも面白いかも知れません」としている。要するに音楽の趣味で、その人の年収をある程度予想できるということだろうか。

    なおこの傾向は、実は転職業界ではよく知られた話だという。ある転職エージェントによると、転職候補先との面談で希望年収を示すと嫌われるリスクが高いが、
    それとなく「お金が掛かりそうな趣味」を持っていることを匂わせると、現在の収入や生活レベルが高いと判断され、交渉が有利になるることもあるそうだ。

    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160908/Careerconnection_5110.html

    【【音楽と年収】高収入層は「アイドル」や「アニソン」を聴かない?】の続きを読む

    このページのトップヘ