年収・お給料速報ロゴ

年収・お給料速報

年収やお給料、会社の動向などの2ch情報をまとめたサイトです。

    2015年04月

    1: 年収が気になる名無し 2015/04/22(水) 18:22:57.11 ID:KRVw1AQs0.net BE:509143435-2BP(1000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/gomi.gif
    ヘッジファンドマネージャー報酬ランキング

    *1位 約4000億円 ジョージ・ソロス
    *2位 約3500億円 デビッド・テッパー
    *3位 約2300億円 スティーブ・コーエン
    *4位 約1900億円 ジョン・ポールソン
    *5位 約1700億円 カール・アイカーン
    *6位 約1100億円 ジェームス・シモンズ
    *7位 約*900億円 レイ・ダリオ
    *7位 約*900億円 ケン・グリフィン
    *9位 約*750億円 ラリー・ロビンス
    10位 約*730億円 レオン・クーパーマン
    http://www.forbes.com/hedge-fund-managers/

    【これが金持ちの年収らしい1位4000億円 2位3500億円wwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 年収が気になる名無し 2015/04/22(水) 09:33:58.57 0.net
    たいして儲からなくても生涯弁護士名乗れると自尊心満たされるじゃん
    貧乏弁護士になって弱者を法で助けるとかやり甲斐もありそうだし
    菊間アナも30代後半で弁護士になったけどこれくらいの年齢でもなる人結構いるの?
    ちなみにマーチ卒です

    【今35歳なんだけど40までに弁護士になったら年収500万くらいでもいいから雇ってもらえるかな?】の続きを読む

    1: 年収が気になる名無し 2015/04/21(火) 19:44:55.43 ID:0Uy5sTMT0.net BE:659951491-2BP(1000)

    900万円以上の年収を得たとしても幸福度は上がらない

    2010年ノーベル経済学賞を受賞した心理学者ダニエル=カーネマンと経済学者アンガス=ディートンが
    「75,000ドル(約900万円)以上の年収を得たとしても幸福指数は上がらない」という驚きの研究を発表しました。
    つまり喜び、悲しみ、ストレスなどの頻度や度合は月収75万円以上からは大差がないというのです。
    これを受けて、アメリカのシアトルのとある企業が社内の給与システムを大刷新。平均で年収48,000ドルだった
    社員120名に年収7万ドルを出すことにしたのです。どうやってこの費用を捻出したかというと、
    100万ドル稼いでいた社長の年収を7万ドルに。
    ちなみにこの19歳でビジネスを始めてここまで成り上がった社長は、地元ロックバンドで活動し続ける
    まだまだ血気盛んなカッコいい青年。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグもそうですが、
    やっぱり若い社長はやることが大胆ですね。
    実は社長の読書のおかげで社員の待遇がよくなった例はこれが初めてではありません。
    例えば今年の1月にアメリカの大手保険会社エトナの社長は、『21世紀の資本』
    (トマ・ピケティ著/みすず書房/2014)を読んで、幹部全員にこの本を薦めただけでなく、
    従業員の給与を11%値上げすることを発表しました。
    彼らの挑戦の行方が気になるところです。
    http://news.livedoor.com/article/detail/10032040/

    【年収900万円はお前らから妬まれ国から増税のターゲットにされワープアよりも悲惨なことが判明】の続きを読む

    1: 年収が気になる名無し 2015/04/22(水) 04:02:33.871 ID:6biKXHyh0.net
    NHKから娯楽番組追放運動って始めた方が良いと思う


    いまNHK局内では、新たな受信料の料金体系について「“頭の体操”が行なわれている」(幹部局員)。ネット利用者からの受信料徴収を想定した言葉だ。

    「若い世代を中心に増えている『テレビはないけど、インターネットが使える世帯』は、地上波のみの受信料である月額約1300円よりも少し安くしてはどうかという案がある。1000円くらいなら若者でも払えるのではないかという仮説だ。

    『テレビもあって、ネットも使える世帯』は衛星放送も見られる受信料と


    【NHK「ネット利用者からも受信料を徴収したい。月額1000円ぐらいなら若者でも払えるだろ」】の続きを読む

    このページのトップヘ