年収・お給料速報ロゴ

年収・お給料・仮想通貨速報

年収やお給料、仮想通貨会社の動向などの2ch情報をまとめたサイトです。

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/29 11:14:23
    よく「仕事との両立が難しいから子どもを持つのが遅くなる」と報道されますが、私はいつも「?」と思います。

    だって、私が知る限り、既婚者で仕事のために「どうしても、今は妊娠できない」と決意している人はそれほどいない。
    それよりも「結婚」というハードルのほうが高いのです。

    最近、ある女性から嬉しい手紙を貰いました。妊娠の報告です。「『妊活バイブル』を読んで良かった。
    あの本がなかったら、未だに決意できなかったと思います」とまで書いてくれました。

    『妊活バイブル』は現代の妊活ルポと正しい知識の啓発本ですので、決してハウツウ本ではありません。
    読んで促されるのは「決意」「意識の持ち方」です。

    この女性は仕事が乗りに乗っているところでした。そういうときのブランクにはひるんでしまう。
    しかし、すでに結婚はしていましたので、仕事と出産のタイミングについて考え、「決意」して妊娠するように頑張ればよかった。

    一方、未婚の女性の場合、「決意」以前に「パートナー」を得ることが必要になります。

    既婚女性は、仕事との関係、夫との関係、自分の体の事情と3点を考えればよいのですが、
    未婚女性は、+「結婚相手」もしくは「パートナー」という4点目が加わります。

    「子どもがほしい。出産の限界年齢も近づいている。でも今の職場は残業が多いから妊娠後も働き続けるのは無理。
    となると、私より年収が低い年下は無理。養ってくれるような男性じゃないと困るし、でも、あまり年上でも子どもが成人する前に定年になっちゃうと困るし……」

    出産適齢期のぎりぎりで婚活する女性はだいたいこんな悩みを抱えてぐるぐるしてしまいます。
    http://president.jp/articles/-/11663

    >>続きを読む

    1: 目潰し(岡山県) 2014/01/03 19:46:38 ID:OH92FROO0
    非正規社員が拡大で、さらに追い込まれる若者の貧困

    ◆若者の非正規社員の増加がとまらない

    20~34歳の独身者男性の3割弱が年収200万円未満

    独身男性のうち、ボリュームゾーンを形成するのは年収200万円未満の層

    非正規雇用は労働者全体の3分の1を超え、過去最高の水準になっている。特に15~24歳の
    若年層では、2000年代から大きく上昇

    少子・高齢化の背景にあるのは、正社員になりたくてもなれない、結婚したくてもできない若者が増えている

    親の収入が安定している今は、生活に困ることがないが、これから安定した職に就けたとしても、
    年金保険料を収めた実績が乏しく、低年金状態をになってしまう人も少なくない


    >>続きを読む

    このページのトップヘ