年収・お給料速報ロゴ

年収・お給料・仮想通貨速報

年収やお給料、仮想通貨会社の動向などの2ch情報をまとめたサイトです。

    1: 風吹けば名無し 2017/12/11(月) 17:48:42.93 ID:ZxcFsd4Ed
    早くも損失抱えてるんやがどうなってるんや
    J民によるとリップルは10万円越えるって言われたんやが
    なけなしの金を投資して5000枚×100,000円で5億になる予定やったのに今1万円のマイナスやぞ
    クソ死ねゴミども地獄に落ちろファッキューマザファカ

    >>続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/11(月) 10:54:12.24 ID:CAP_USER
    取引所運営の米CBOEグローバル・マーケッツで10日夕方、仮想通貨ビットコインの先物取引がスタートした。

    CBOEは新しく上場する先物が支持を集めるには時間を要することが一般的だとして出来高は低調になり得ると予想していたが、開始1時間で600枚近くが売買された。ブルームバーグの集計データによれば、ニューヨーク時間午後7時36分(日本時間11日午前9時36分)時点で、ビットコイン先物1月限の価格は1万5800ドルと、ビットコインのスポット価格を約3%上回る水準。ビットコインのスポット価格は1000ドル強上昇した後、上げ幅を縮小した。

    先物取引の導入は主流投資家によるビットコイン投資を容易にする基盤になるか試す重要な転換点として注目されている。プロの投資家やトレーダーはこれまで、ほとんど規制のない市場で何年も売買されてきたビットコインなどの仮想通貨の購入に二の足を踏んだり、投資ルールに基づき禁じられたりしていた。それだけに、規制対象の取引所での先物取引の開始はこうした投資家やトレーダーの関心を引き付ける可能性がある。

    CBOEに続いてCMEグループの運営する取引所でも18日に同様の先物が上場される。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-11/P0RSYR6TTDS101

    >>続きを読む

    このページのトップヘ